不動産業界が変わる!新時代の賃貸物件とは

こんなに違う?最新賃貸物件事情!

>

契約がペーパーレスに?物件契約もデジタル化が進む

なぜペーパーレスが進んでいるのか

これまでに契約をする場合は口頭だけでは無く書面で契約を交わしたという記録を残していました。しかしその記録は紙媒体ではなく、データに変わろうとしています。
現に不動産の中には契約手続きを全てタブレットに行っていて、そのデータは専用のクラウドで管理される様になっています。ペーパーレスが実現する事で、地球環境に大きく貢献するだけでは無く、データの紛失や漏洩を防ぐ事も出来ます。
但しこの方法は若い年代には受け入れやすいのですが、年配になるとペーパーレスを受け入れられずに契約がうまく行かないケースもあります。
またサイバー攻撃などでデータが改ざんされないとも限らないので、レイドサーバーなどにバックアップをして自衛する為の知識が必要になります。

AIが賃貸仲介するメリット・デメリット

自分に合った物件や、数多くの中から一つだけ物件を選ぶのが難しい場合、不動産担当者へ相談をする事もあります。その相談役が生身の人間ではなく、膨大なデータをバックにしたAIが紹介してくれるところもあります。
AIは不動産以外にも様々な場所で活躍しており、トライアンドエラーを繰り返していく内に学習し、より正解に近い方を導き出してくれます。人間が覚える記憶の何倍ものデータを持っているので、条件を伝えればその中から一致する物件をスピーディに提供してくれます。また24時間いつでも対応出来るのメリットの一つです。
しかしAIの賃貸紹介はあくまでも条件に沿ったものだけを紹介するので、曖昧な条件や気持ちの変化と言った心情的な物は汲み取れません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る